CSR

CSR活動の一例

SDGsのロゴマーク

宇都宮市SDGs人づくりプラットフォーム

2015年9月の国連サミットで採択された、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」達成に向けた取り組みを開始しました。持続可能な開発目標(SDGs)とは、17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。パワーファーマシーでは「3 すべての人に健康と福祉を」「8 働きがいも経済成長も」というカテゴリを中心に取り組みを進めてまいります。

マスク寄付時の佐藤市長と渡邊社長

宇都宮市役所へのマスク寄付

株式会社パワーファーマシーは、2020年6月、宇都宮市にKN95マスク2,000枚を寄付いたしました。このような状況のなか、最前線でご尽力されておられる皆さまに心から敬意を表するとともに、一日も早く新型コロナウイルスの感染拡大が収束することを願い、パワーファーマシーとしてできる支援に一つひとつ取り組んでまいります。

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成

今後増加していく在宅医療とも関連している認知症の問題に向き合えるよう、2019年社内全体研修で認知症サポーター講座を受講しました。

認知症の方とスタッフのRUN TOMO

RUN TOMO栃木

今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にたすきをつなぎ、日本全国を縦断するイベント「RUN TOMO」に協賛しています。 認知症の人と出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できるイベントです。2019年は、「RUN TOMO栃木」への協賛、薬剤師・医療事務・グループ会社社員もイベントにスタッフとして参加しました。※RUN伴栃木2019について【通過した市町村】18市町村 【ランナー】758名(うち、当事者51名)【サポーターを含む参加者総数】約1,900名

薬剤師と地域の小学生

キッズメディカルスクール

新型コロナウイルスの対応に尽力している医療従事者を支援しようと、パワーホールディングス株式会社は宇都宮市□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□